topページ

COMMUNITY INVESTMENT

 
  COMMUNITY INVESTMENTとは

 米国流のSRIには3つの柱があります。一つは、ESGを投資スクリーニングに加える行動であり、我々のSOPHIA SRI FUND もその具体化です。

 もう一つは、株主行動。株式を保有した企業に対して、株主総会での株主提案や議決権行使などを実施することで、企業の経営そのものに関わっていこうというものです。

  3つ目が、ここで取り上げるCOMMUNITY INVESTMENT です。地域の経済活動や住民サービスなどの向上のためへの活動に対して、支援するものです。上場企業を対象とした投資活動だけでは、地域の経済社会水準の向上は十分に達成できないことから、SRIファンドとしても直接、地域活動に貢献しようという趣旨です。

日本のSRIファンドは約30本ありますが、こうしたCOMMUNITY INVESTMENT を活動に加えているところはほとんどありません。我々は、小なりとはいえ、本来のSRIの理念を体現するため、、REAL FUNDの活動を通じて、実践します。また、株主行動についてもREAL FUNDの本格化をもって、実施に移したいと思っています。


日本と欧米のコミュニティインベストメントを主導する金融NPOの解説本を出版しました(2007年7月、岩波新書『金融NPO~新しいお金の流れをつくる』)。ご一読ください。http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4004310849.html

 
 


 
  第一弾:コミュニティ・ユース・バンクmomoへの出資

momoは愛知県を基盤とするNPOバンク。20−30代の若者が中心になって、若者の起業支援などのために、 低利融資を実施するNPOです。同バンクに対して、すでに藤井が出資した分を、 ファンドの出資分に振り替えることにしました。



momoの連絡先は→http://www.momobank.net
 
 


 
  第二弾: 新潟コミュニティバンクへの出資

  新潟コミュニティバンクは、新潟県下でNPOや起業支援のための手づくりファイナンスを目指している団体です。 momoと同様に、銀行が貸出を渋る先に対して、 市民の資金を低利融資する予定です。 上記同様に、藤井の出資分をファンドに振り替えます。


 同バンクの連絡先は→http://www.tatunet.ddo.jp/ncb/
 
 


 
  第三弾:NPO夢バンク(長野)への出資

長野のNPO夢バンクは、長野県下のNPO活動を支援するために設立されました。 2008年1月には設立5周年を向かえ、順調に活動を展開されています。同バンクの場合、 長野県、長野市、松本市、上田市の地元各自治体が無利子融資をして資金面を支えているほか、 地元の商工会やライオンズなどの企業団体の支援もあるなど、地域連携の一つのモデル的な 活動をしています。出資内容は従来同様です。


同バンクの連絡先は→http://www.npo-yumebank.org/<