<2009年の活動状況>



2009年12月1日(火)
 ゼミで、
三菱商事のCSRダイアローグを開きました。
グローバル社会を駆け巡る日本の代表企業である三菱商事。同社のCSR活動についての学生とのダイアローグをゼミの時間を利用して開きました。商事からは、環境・CSR推進室の秋田室長以下、4人のCSR担当者の方々がお越しになられました。院生のほうは、風邪や所用で欠席した人を除く8人が参加、同社の2009年CSRレポートを題材に、活発な論議を展開しました。



☆☆
2009年11月24日(火)09年度のボジョレーの会開催
 恒例のボジョレー・ヌーボーの会を開きました。本年のボジョレーは、安定した味わいで、用意した半ダース(プラス昨年の余りが1本)は、一滴も残らず、飲み干されました。おいしいお酒を飲んで、ためになる講義も聞いた後は、各自が世の中のためになることを、一つ一つ見い出していくということでしょうか。




2009年9月4〜5日ゼミ合宿
 恒例のゼミ合宿は、すでにご承知のように、上智大学の河口湖ハイムを借り切って開きました。ハイムは富士山麓の静かな別荘地にあり、しゃれた建物でした。宴会担当部長の中村さん、宴会盛上げ隊長の宮城さんらの尽力もあって、おいしい手巻き寿司と、おいしいお酒と、楽しいゲーム(その合間に、勉強も)等をたのしみました。二日酔いの人もチラホラいた二日目ですが、お天気に恵まれ、河口湖畔から富士五湖を巡りました。西湖湖畔では、急遽、構築中のSRIファンドの現状報告会を開きました。富士を見上げながらのファンド論議から、懸案であったファンドの名前も「『ふじやまファンド』がいいんじゃないの」となって、ほぼ内定しました。
やっぱり、富士山は日本一の山ですね。


2009年7月21日(火)
 
前期打ち上げ会 早いもので、前期の日程も今週でおしまい。ゼミも最終となり、恒例の打ち上げを行いました。お天気はいまひとつでしたが、なじみ(?)の四谷の「笑笑」で、盛り上がりました。現役のM1、M2だけでなく、OB陣も第一期生の片山氏、第二期生の山本、大竹、小川の各氏が顔を見せ、後期課程の吉田氏も参加、総勢20人を越える大集団になりました。専属カメラマン役の宮城さんが、奄美大島に皆既日食見学に行って不在だったこともあり、恒例の記念写真は撮り忘れてしまいましたが、年々、集まりが膨らんでいる感じです。このまま膨らむとどうなることやら。

ゼミ合宿は河口湖で
 
今夏のゼミ合宿の場所について、いろいろと検討が進んできましたが、急遽、河口湖になることがほぼ固まりました。上智大学が今年から開く河口湖ハイムを借りることになります。自炊ですが、結構、大人数でも泊まれるようですので、M2、OB・OGの参加も歓迎です。詳細は、合宿担当の中村さんに連絡してください。


2009年7月14 日(火)
英銀HSBCの在日副代表、山田晴信さま
にお越しいただきました。HSBCはカーボンニュートラルを世界に先駆けて実践しているグローバル金融機関です。実際にどのような体制で環境配慮を徹底しているのか、今後の展開はどうなのか、最近の国際金融危機の中で、基本方針にブレはないのか等、気になる論点について明確にお答えいただきました。さすがに世界を股にかけて活躍しているグローバル金融機関のトップだけあって、お話の一つ一つに含蓄がありました。「若い皆さんも、英語をしっかり身につけてください」とのことです。


HSBCの山田さまを囲んで恒例の記念写真。我々も世界に羽ばたくぞ!



2009年7月7日(火)NEWソフィアファンド誕生へ!←ここをクリックしてください

本日のゼミで、M1が推進してきたソフィアSRIファンドの独自テーマ型ファンド案が公表されました。4人のファンドマネージャー軍団が数ヶ月がかりで練り上げた構想は、日本の既存のSRI業界にはないユニークな内容です。この夏に、ゼミ生一堂によって銘柄選定を行い、秋にもファンド運用のシュミレーションを行います。乞ご期待!

共同記者会見(?)を行うファンドマネージャー軍団。左から、田川、原田、粂原、服部の諸兄姉。

☆藤井ゼミが、突如、
クロシャツ軍団に変身!

(イラスト入りクロシャツが欲しい人は、営業担当の中村さんに申し込んでください)


(フツーのシャツを着たM2の人たちとも記念写真)


☆2009年6月30日(火)
三菱重工横浜製作所見学会
 
日本の代表的な風力発電施設製造業である三菱重工の風車製作現場(本牧工場と実証機のある金沢工場)を視察に行きました。ゼミだけではなく、研究科の希望者を募っての見学会として、総勢、33人(学生31人、引率教員2人)で、上智大学北門からバスに乗って、横浜まで往復しました。
 百聞は一見にしかず。風車の心臓部であるナセルの組み立て工程は、大型の鋳物に精密機械を組み合わせる大胆で繊細な作業が、見ものでした。金沢工場の実証機は、雄大で、我々の到着を待っていたかのように、ゆっくりと羽を回してくれました。感動ものでした。同社の風車事業ユニットの主席技師、上田さんの説明は熱情あふれるものでした。
 
「風力を 世界に!未来に!」
(この青空マークをクリックすると、もっと写真があります)





☆藤井ゼミのポロシャツ
 藤井ゼミの「ポロシャツ」が完成しました。イラストは才人、宮城さん、企画・営業は中村さんです


(左胸に雄々しいSophiaのマーク、右下脇にゼミを象徴するイラスト!)


★2009年6月23日(火)
 
損保ジャパンのCSR・環境推進室の関正雄さまをゲストにお迎えしました。関さまは、産業界のCSR分野の権威のお一人として知られています。現在は、ISOのSR規格「26000」の日本側代表として、世界中を飛び回っておられます。
 ゼミでは、SR26000づくりの現状と、新規格のポイント、裏話等を2時間にわたってお話していいただきました。ゼミで教科書として「SRIと新しい企業・金融」を使って、CSRやSRIの論点を勉強してきましたが、それらの課題を現場の国際交渉でどう扱われているかも、知ることが出来ました。


(いつものようにチーズ!でパチリ!)




★なんと、、遂に「
上智藤井ゼミ新」が発刊されました。
 いきなり縮刷版ですが、編集長はM1の宮城さんです。
とんでもない記事も満載されていますよ。購読希望者は、宮城さんまで。

    



2009年6月2日(火)
 大和証券
の第一線で活躍されている4人の方にお越しいただきました。
大和証券は、話題のワクチン債の国内販売で先鞭を付け、温暖化ガスの排出権取引でも自らCDMクレジットの開発を手がけています。また、CSR活動では早くから金融界の先頭を走ってきました。そんな大和証券の最前線の方々に、環境ビジネスの現況を詳しく語ってもらいました。いずれも若手のビジネスマン、ビジネスウーマンで、テキパキとした対応に、ゼミ生たちからも「さすが〜」とため息。







★2009年5月12日(火)
 ゼミにニッセイ基礎研究所の川村雅彦さまをゲストにお迎えして、サスティナビリティ報告書ガイドラインのSPI(社会的パフォーマンス指標)のご説明をしていただきました。環境ガイドラインに比べて、あまり知られていませんが、企業統治、人権、雇用・労働、消費者の権利、地域・社会等との関係の尺度を整理したもので、CSRを実践する上で、極めて重要な内容です。川村さんが所属されているNPO「サスティナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク)の設立10周年記念事業でSPIをまとめら
れたもので、できたてホヤホヤの報告書の内容を解説していただきました。


(ゼミが終わって、みんなでチーズ)


2009年5月11日(月)
自民党を脱党した渡辺喜美議員の出版記念パーティーをゼミ生有志で訪問しました。環境金融とは直接の関係はないのですが、流動性を増す政治状況の一端を知るための社会見学です。授業が終わってから、参加者一同は、会場の赤坂プリンスホテルへブラブラと移動。会場は、環境関係の会議とは違った雰囲気が満ち満ちていました。渡辺議員の講演を1時間ほど聞いてから、パーティーに参加しましたが、結構、自民党の先生方も激励に参加しているのには、驚きました。あえてここではお名前をあげませんけど。パーティーで盛り上がって、渡辺議員との記念写真もパチリ。




(なぜかツーショット!)

2009年3月27日(金)午後6時過ぎから、四谷の土手で恒例の「お花見」を開催しました。 ところが、シートを敷いて、乾杯のグラスを合わせてから、ものの10分ほどで、雨がポツリ。
アレレ?と思っているうちに、本気で降り出したので、仕方なく、2号館の15階に避難、屋内で夜景を見ながらの花見となりました。それでもM2、M1、さらに新年度から後期課程に入る吉田さんも参加し、世代を超えた歓待の場となりました。
M1からM2の一人ひとりに、心を込めた記念品が贈呈され、先輩たちを感激させました。

                   

2009年3月26日(木)学位授与式
 2007年度入学生4人が無事、卒業できました。
晴れて修士さんの誕生です。社会に出ても、「地球環境の戦士」として日夜戦うことを期待しています





2009年3月2日(月)午後6時45分から恒例の「ゼミ謝恩会」を開催します。
M2の4氏の修士論文もめでたくパスしました。就活に励んでいるM1諸兄妹は、まなじり決してがんばって
いると思います。そんな様々な環境でしょうが、2日はゆっくり飲みましょう。
謝恩会会場等の詳細情報については、M2の小川剛君にコンタクトしてください。




2009年2月23日(月)研究科の優秀論文発表会

 藤井ゼミから山本宗明さんと、大竹大君が出席しました。



山本さんの論文は、<廃棄物削減対策における権利取引手法の検討>というタイトルで、大竹君は<カーボン債務の会計問題と投資意思決定に与える潜在的影響に関する研究>です。詳細な内容を読みたい方は、ゼミにコンタクトしてください。