★12月2日、
ニッセイアセットマネジメントの三氏に、○ファンドを審査していただきました。
  5期生が立ち上げた○ファンド(詳細はファンドのページ参照)を、資産運用のプロであるニッセイアセットマネジメントの木村様、楠瀬様、三国様の三氏に、「プロの目」で審査していただきました。目から鱗の指摘がいくつも出ました。「さすがは運用のプロ」とゼミ生一同、感心しました。ソフィアSRIファンドの今後の運営に盛り込んでいきたいものです。
(三者三様の、含蓄あるご指摘に、ただただ、うなづきました)




☆11月24日 恒例の「
フランス文化研究会」を開催しました。
  いつものことですが、今年のボジョレーは、結構、しっかりしていて、かつ、さわやかさも兼ね備えたいいものだったと思います。研究会には、OBの大竹大君、小川剛君も参加してくれました。二人とも、すっかり社会人としての風格(ちょっとオーバーかな)が漂っていました。事前に、研究会への参加者には、「エスプリの効いた工夫」を求めていたことから、昨年までよりも、少しスマートな雰囲気の会合となりました。ピザもおいしかったね。

(ウンチクを語る?)
(ここクリック)



★11月18日 特別ゼミ
  プロジェクトファイナンスをテーマにした研究の締めくくりとして、
みずほコーポレート銀行の小田原治さまをお呼びして、「エクエーター原則」についての最新情報を講義していただきました。小田原様は、毎年、藤井ゼミに登場してもらっています。今回も、エクエーター関連の豊富な知識と、現場の情報を聞かせていただきました。やはり、プロの金融人は違う。




☆11月11日:
東京・丸の内で 「開発権取引(TDR)」の現場を歩いて、オムライスを食べた!
 環境金融論2のフィールドワークとして、東京丸の内の「丸の内パークビルディング」を見学しました。”日本一の大家さん”でもある三菱地所が、「三菱」の看板をかけて、再開発した三菱一号館とパークビルの一角は、新しさと古さが見事に融合した街並みであると同時に、TDRの生きた教科書の舞台でした。ランチのオムライスも、しゃれた感じでした。
(クリック)


銚子で風車を見たぞ!
 ゼミのフィールドワークの一環として、房総半島に林立する風力発電所群の見学会を開催しました。
日時:10月14日(木)午前8時30分〜午後5時過ぎ
場所:茨城県神栖市と、千葉県銚子市の2か所のウィンドファームをバスで回りました。太平洋からの風が吹き抜ける房総は、風車のメッカでした。
(茨城県神栖市の波崎ウィンドファームで)
(ここクリック


ゼミ合宿に行ってきました!9月19〜20日
 2010年度のゼミ合宿は、大学の軽井沢セミナーハウスで行いました。
春からM1が検討してきたソフィアSRIファンドの新規バージョンを固めるのが最大の目的でした。結果として、3R、グリーンビルディング、水という3つのフィールドをベースとした独自開発のESGクライテリアを元に、全員で銘柄選別をした結果、推薦銘柄を含めて、90社が選ばれました。予定した50社への絞り込みは、予定時間が十分にとれなかったため、東京に戻ってから行うことにしました。大きな一歩前進をしたことは確かです。

(上智大学軽井沢セミナーハウスの玄関で)
もっと写真あるよ
(ここクリック!)



2010年度「アジア環境研修T」が無事、終わりました。
8月上中旬に、ベトナム南部のカントー大学で、9人の学生が2週間を過ごしました。広大なメコンデルタの一角で、日本と異なる環境問題、農業問題、生活体験などを重ねました。この中から、「アジアに強い環境人材」が育ってくれることを期待しています。
(広大なベトナムの自然!)    
(写真。←ここクリック




★9月の
ゼミ合宿日程決まる!
 恒例のゼミ合宿は、9月19,20 日に、大学の軽井沢セミナーハウスで行います。全員、ふるって参加しましょう。合宿では、懸案のソフィアSRIファンドのバージョン4の完成のため、全員による選定銘柄のとりまとめを行う予定です。詳細は、合宿担当の矢島さんの指示に従ってください。



☆7月8日(木)外部講師シリーズのD
 
英HSBCの前日本副代表、山田晴信さまをお呼びしました。
 HSBCはグローバル金融機関のトップ格であると同時に、CSR、環境金融でも常に金融界のトップを歩んでいる銀行です。山田様は過去にも一度、ゼミに来ていただきましたが、同行の日本のCSR戦略の最前線で指揮を執って来られた方です。金融ビジネスと環境配慮の融合の実践例でもありますので、大変、興味深く思っています。この
特別講義は、上智大学の他の学生にもオープンしています。


☆7月1日(木)外部講師シリーズC
 
損害保険ジャパン理事の関正雄さまをお呼びしました。
関様は、CSR業界では知らない人がいないほどの著名人。ISO26000のガイダンスづくりでも日本の代表の一人としてご活躍されました。藤井ゼミにも毎年のようにお越しいただき、最先端の情報を直接お話ししていただいています。今回は、その26000の概要と、その意義、さらには規格作りの舞台裏まで、わかりやすく、丁寧にご説明いただきました。



外部講師によるオープンゼミシリーズのお知らせ
 2010年5月27日のゼミには、CSR報告書作成などを中心事業にしている
シータス・ゼネラルプレスの6月マーケティング部の松永、村田、渡邉の各氏にお越しいただき、CSR報告書を巡る最新情報についてお話いただきました。ビジネス現場におられるだけに、非常に興味深いお話でした。藤井ゼミとの「提携」話も浮上しました。

今後の外部講師の予定は次のようになっています。

6月10日 三井住友銀行法人マーケティング部部長代理 藤崎有美さま
▼6月17日 
環境省地球環境局市場メカニズム室課長補佐 河村玲央さま
▼6月24日 
日本政策投資銀行CSR支援室長       竹ケ原啓介さま

 (他の方も交渉中です)




☆ゼミ生へ(連絡事項)
 6月半ばに、個別面談を開きます。まだ希望の日程を連絡していない人は、早急に連絡してください。


2010年5月20日午後 ソニー本社見学会
東京・品川のソニー本社を見学に行きました。同ビルは、グリーンビルディングとしても有名です。ビル全体の外壁がガラスのダブル・スキン構造になっているのには驚きました。サッカー場大の大きさのフロアを20階分積み上げた大きなビルですが、省エネ仕様で冷却装置が意外に小さいほか、隣接する東京都の下水道処理施設とのコンビネーションで省水効果も得るなど、さすが「技術のソニー」だと感心しました。環境対応だけでなく、3Dテレビや高性能ハイビジョンカメラなども見学させていただき、全員、納得の一日でした。(見学会終了後、ゼミの報告会もしっかりやりました)

(ソニー本社の屋上から、東京を一望しました)(もっと写真あるよ!)




2010年4月28日 「みんなの党」渡辺喜美氏のパーティー見学
  社会見学として、政治家パーティーを覗きに行きました。渡辺代議士のパーティは昨年も見学しましたが、今年は政治情勢が混迷していることを映してか、参加者も多く、大変盛り上がっていました。夏の参院選挙がたのしみですね。

(みんな有権者ですから)

2010年4月 アジア環境人材育成プログラムの提供科目が本年度新たに2科目開講
 「環境マーケティング論」と「環境対策実務論」の2科目が4月からスタートとしました。いずれも第一線の外部講師による実務講座です。両講座とも、多くの履修生が参加して、順調に進行しています。

(環境マーケティング論の授業風景)

2010年4月15日・春学期第一回のゼミを開きます。
 ゼミ教室は、今年度も研究科の会議室を予定しています。場所を間違わないようにしてください。初回は、例年通り、ゼミ後に歓迎会を予定しています。M2の宴会担当の方は、よろしく願います。



☆ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ☆ ☆ ★ ★ ☆ ☆





2010年3月29日 花見の会
 恒例の四谷の土手でのお花見の会を予定しています。
まだ5〜6分咲きで、ちょっと寒いのですが、お天気はどうでしょうか。
参加者は一人一品(酒でもつまみでも)持参すること。OB・OGも大歓迎。
土手のどこかでやっているよ
後日談:やりましたよ。”風の子”を自称する中根君の強い希望で強行実施しました。寒い中で、コートに身をくるんで、ワインを飲み飲みーー。通りすがる人々が、「この寒さで、可哀そうに」「この人たち、アタマ変じゃない?」といった感じの眼差しを投げかけていたみたい。来年は4月に入ってからにしたい


2010年3月26日 卒業式
 6人全員が晴れの卒業
 社会人の二人を含めて、新しい人生への旅立ち、おめでとうございます。



上:正門前で学位を授与されたM2の6人とパチリ!
下:お祝いは、やっぱりシャンパンでしょう!

2010年2月27日 「アジア環境研修T」のベトナム・カントー大学での研修実施

  今学期から始めた「アジア人材育成プログラム」の目玉授業である「アジア環境研修T」の試行をベトナム・カントー大学の協力で実施しました。27日の朝、成田発のベトナム航空で出発、3月15日の帰国まで、ベトナムのメコンデルタ地帯で、四谷の授業とは大いに異なる環境下での国際授業を味わいました。出発から、帰国まで何かとありましたが、一応、無事に研修を終えました。研修には、藤井ゼミからM2が3人、M1が2人(履修生全員で7人)が参加し、ゼミ旅行の雰囲気もあったようです。成果については、参加した方々に聞いてください。みんな、それなりにたくましくなりました。

(上:少人数でベトナムの環境の現状を聞く講義風景:英語授業です) 
(下:メコン川を手漕ぎボートでフィールドワーク地点に向かう。ジャングルクルーズみたい!)


2010年2月25日 ゼミ謝恩会
 M26人の修士論文がめでたくパスし、恒例の謝恩会を開きました。
場所は恵比寿のこじゃれたカフェバー風のところ(酔っ払って、名前は忘れた!)。


2010年2月22日 研究科優秀論文発表会
 恒例の優秀論文発表会には、藤井ゼミから、内海稔、榊原恵、花井一寛の
3人が選ばれました。
 3人とも文句なしの評価でした。


2010年2月17日 M2の修士論文6人全員合格決まりました。
    研究科の修士論文判定教授会で(謝恩会が楽しみですね!)



2010年1月20日 環境金融ワークショップ最終日
   最終回は、元環境省地球環境審議官の小島敏郎・青山学院大学教授。地球環境問題に対峙する姿勢の大事をお聞きしました。14回にわたるワークショップの締めくくりとして、重みがありました。講義要旨を作成するなど、ワークショップの運営に携わったゼミ生の皆さん、ご苦労様でした。